アナル責めの説明をしております。

アナル責め


陰部と違い、中が狭いうえ、大腸菌などの衛生面などの恐れもある。

道具は、念入りに洗浄・滅菌処理を行って頂きたい。

尻肉を鷲掴みし、括約筋を揉むようにしてほぐしていく。

乳房に比べ、尻肉の場合には、若干力を入れてもよい。

そのほうが、尻を責められている感触が良く伝わる。

まずは、「アナルバイブ」を挿入する。

十分に滅菌処理したアナルバイブを取り出し、ローションをタップリと塗りこむ。

指でアナルの回りにもローションは塗っておいて頂きたい。

その間、ずっと尻を突き出させた格好ではM女の姿勢に負担をかけてしまうため、土下座のような格好がよい。

ローションを塗る作業は時間をかけてゆっくりと行って欲しい。

準備が出来たら、アナルバイブにスイッチを入れて、ゆっくりと挿入していく。

@最初にアナルバイブの先で、ゆっくりと括約筋を揉みほぐし、挿入しやすくする。左手の指でアナルを広げ、尻を突き出させる。

A挿入は、斜め上の角度より挿入していく。ある程度入った地点でゆっくりとピストン運動を施していく。

五反田風俗マスクTOPへ

Copyright MASK All Rights Riserved.