浣腸のやりかたを説明しています。

浣腸
主人は、奴隷の健康状態を常にチェックしていなければならない。

時には奴隷に浣腸を施し、排泄させ便の状態や、尿の色の検査をしてやらねばならない。

また、排泄という行為を見られる恥ずかしさと屈辱を奴隷に与えさせることによって、ご主人様への忠誠をより確実なものとし、よりいっそう奴隷としての認識を深めさせることができる。

基本的に、浣腸という行為は、肛門に液体を注入することであるので、 体をうつぶせにし、尻を大きく上部に突き出させ、肛門をしわが一本一本はっきりと見えるまで股を開かせる。

また同時に、腸を洗浄して体のなかをきれいにしてやることでも あるので、感謝の気持ちを奴隷にはもたせなければなるまい。

次に椅子に固定し、正面から浣腸を施す方法を紹介する。利点は、前述した姿勢だと 自分が浣腸されているシーンが自分で確認できない。

確認することによってさらなる恥辱心をかきたてることができるので、 この方法もマスターしておくとよい。

浣腸した後、すぐに排泄が楽しめるわけではない。 その日の体の健康状態によって排泄する時間はまちまちだ。 その間に女の顔は苦痛にゆがみ、排泄を嘆願してくる。

五反田風俗マスクTOPへ


Copyright MASK All Rights Riserved.