拘束について説明しております。


拘束プレイには、手足の自由を奪う他に、目隠しや猿轡などがあり、タオルなどの日用品から、縄、鎖、首輪や手枷、足枷などの革製拘束具も使われる。

拘束することは心理的効果を狙えるということもある。
初めてであれば、手首を軽く縛っただけでも異 様な気分をもたらす。

また荒縄が柔肌に食い込む様子や感触に、性感を刺激される人 もいる。

縄による拘束の場合、無理な姿勢で縛ったり、長時間のキツイ縛り方だと血行を止める可能性もあり、苦痛となるばかりか危険である。

逆さ吊りなどは、5分以上に及ぶと死の危険も生じる。

しかし一方では股縛を掛け、結び目をクリトリスにあたるように作ると快感を与えることもできる。

縄による縛りは情緒を多分に漂わせでおり、これを嫌い、革製拘束具を用いる人もいる。

五反田風俗マスクTOPへ


Copyright MASK All Rights Riserved.